So-net無料ブログ作成
検索選択

秋葉原、歩行者天国 「無差別殺傷事件」 死刑判決


スポンサーリンク
2008年、秋葉原で無差別殺傷事件が起きてから7年が経った。

被告と被害者の間にはなんの関係も無く、恨みなども無い、いわゆる無差別だった。

犯人の名前は加藤智大。犯行当時は25歳であった年齢は現在32歳。その加藤智大被告に対し、17日、死刑判決が確定した。

私の率直な感想として当然の判決内容だと思う。

犯行当日、秋葉原は日曜日で歩行者天国だった。たくさんの人々が行き交うその日、加藤智大被告はレンタカーで借りた2トントラックで歩行者天国へ突っ込んだ。

何人かはねたあと、トラックが停止し、加藤智大被告ははねた人々の場所へ戻った。

そして、持っていたダガーナイフで今度は通行人を刺した。

はねられた人を救助していた人さえも背後から刺すという、実に残虐な事件であった。

事件は7人を殺害し、10人に重軽傷を負わせ、犯人は逮捕とういう結末で終わった。

加藤智大被告は、犯行前日や当日に犯行をほのめかす内容をインターネット上に書き込んでいた。加藤智大被告の最後の書き込みは『時間です』だった。この書き込みのすぐ後、トラックで突っ込んだ。

今月2日の上告審判決では犯行動機を「没頭していたインターネット掲示板で受けた嫌がらせに怒って犯行に及んだ」と認めた。

だが、裁判官は「17人を殺傷した結果は重大で酌量の余地はない」とし加藤智大被告に対し一、二審の判決を支持し、死刑が確定した。




理由は何にせよ、加藤智大被告には、関係のない人を殺害したことについて、自分が犯した今回の事件にしっかり反省し、この事件を刑の執行までに、もう一度考えて欲しいと思う。


亡くなられた方に、今一度ご冥福をお祈りします。




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。